太陽光

ひとことで自然エネルギーといってもその種類は多く、またすでに利用されているものと、これからの利用が期待されているものにも分かれます。とりあえずここではそれらの10種類の名前を挙げてその特徴について説明することにしましょう。

 

【すでに利用されている自然エネルギー】次のような自然エネルギーはすでに利用が進んでいるものです。<太陽光発電>太陽のエネルギーである太陽光を屋根や屋上などに設置したソーラーパネルで電気に変えるシステムです。<水力発電>水の落下を利用して水車を回し、その力で発電するシステム。<風力発電>巨大な風車を据え付け、風の力でそれを回転させ連結したタービンにより発電する仕組。

 

<地熱発電>地中深く掘削した抗井から噴出する蒸気を利用してタービンを回すことにより発電する方式。<バイオマス発電>間伐材などを生物由来の資源を利用した発電方式。【今後利用が期待されている自然エネルギー】<太陽熱発電>太陽光発電と混同しやすいところがありますが、こちらは太陽光を炉で集めて汽力発電やスターリングエンジンの熱源として利用する発電方法。

 

<潮力発電>潮流が持つ運動エネルギーを電力に変える発電方法。<光合成発電>植物の光合成の原理を応用し発電する方法。<雪氷熱利用>北海道などの寒冷地で開発が進んでいる雪や氷を保存し、冷熱が必要になる時季に利用する方法。

 

<温度差熱利用>地下水や河川水あるいは下水などの水源を熱源とするエネルギー。夏と冬の水温の差の違いに着目し、ヒートポンプを用いて温度差を利用する。<波浪発電>海の波によるエネルギーを利用して発電する方法。

続きを読む≫ 2013/02/24 19:01:24