陶芸教室のイメージ

陶芸教室のイメージ

「陶芸」ということばには、どうしても「お堅い」イメージがついてまわるようです。

 

「陶芸」ということばからあなたが連想することばは何ですか。「道」とか、「修行」とか、「師匠と弟子」とか、「頑固で偏屈な先生」とか。

 

あるいは「黙々と一人で作業」、「自分の世界」、「物の価値」など、陶芸のことをよく知らない人が入っていけないような、そんな世界が広がっているのではないかと、多くの人がそう思っているでしょう。事実、昔の窯元などはそういう雰囲気があったかもしれません。現在でも権威ある先生の下で修行をするとなれば、そこには未知の世界が広がっているかもしれません。

 

しかし、「陶芸教室・陶芸教室」として開かれている場所には、そのようなイメージとは正反対な空間が広がっています。ラフな格好をした先生が気軽に教えてくれ、生徒さん同士も楽しくおしゃべりを交わしながらも夢中になって作品を作る、身近に感じられるような雰囲気が溢れているはずです。陶芸教室の雰囲気を味わってみたいという方は、是非一度見学なさってみてください。きっとすぐに習いたくなりますよ。

陶芸教室のイメージ関連ページ

ボーカルの指導で自信がつく。
ボーカルの指導で自信がつく。
別れたいと思ったその時がチャンス
別れたいと思ったその時がチャンス
脚本と才能
脚本と才能
楽しく英会話する為に必要な基礎力:ライティング
楽しく英会話する為に必要な基礎力:ライティング
ミラノで生活していた石黒さんの体験談
ミラノで生活していた石黒さんの体験談